乗り換え

NTTフレッツ光からauひかりへの乗り換え工事。たった1時間で幸せになる方法!

NTTフレッツ光からauひかりへの乗り換え工事。たった1時間で幸せになる方法!

この記事では、フレッツ光からauひかりへ乗り換える際の工事について解説しています。

  • そろそろフレッツ光からauひかりへの乗り換えを考えている
  • 手続きや工事が面倒くさそうで、なかなか踏み出せない

色んなサイトで乗り換えの方法や手順が説明されています。

「まずはプロバイダを…」

「キャッシュバックをもらうためにはこの書類に…」

など、なんか面倒な感じがしますよね。

でも実は、auひかりの工事はとても簡単です。

早ければ1時間で終わってしまいます。

たった1時間で今のネットは圧倒的に速くなり、これまで払っていた月額料金よりもさらに安くなるとしたら、あなたの生活にはどんな「幸せ」が見えますか?

この記事では実際にauひかりに乗り換えた僕の経験も交えながら、その「幸せ」をご紹介します。

合わせて、最もお得にauひかりを申し込むことが出来た窓口も載せてあるので是非、最後まで読んでみてください。

66,000円キャッシュバック!

  • オプション条件一切なし
  • もらい忘れもナシ
  • ¥0!工事費実質無料

連続表彰代理店 NNコミュニケーションズ

【auひかり】最速8分で申し込み完了!

NTTフレッツ光からauひかりへの乗り換え工事と費用

フレッツ光からauひかりへ乗り換えるには、新たに開通工事が必要となります。

これは、auひかりがNTTの回線を使わない「独自回線」だからです。

独自回線とは、既存のNTT回線を使わず、auひかり専用回線を使うことで速度を速く、そして安く提供出来るようにした回線のことです。
auひかり以外ではNURO光も独自回線の仲間です。

まず、auひかりの開通工事はどのように進められるのか見ていきます。

フレッツ光からauひかりへの乗り換え工事は超簡単

auひかりの場合、工事はシンプルです。

工事当日にやることといえば、

auひかりの工事内容

  • 近くの電柱から光ケーブルを自宅に引き込む。
  • 工事前に届いていたONUに接続。

これだけです。

我々がやることは、工事を始める前と終わった後に、作業員の方から簡単な説明をしてもらってサイン(署名)をすることくらいです。

工事には立ち会いが必要ですが、実際に立ち会う人がサインすることが出来るなら、契約者本人じゃなくても良いようです。

光ケーブルの引き込み〜室内のONUに接続するだけ

KDDIホームページから引用

光ファイバー工事

auひかりの工事では、まず近くの電柱から光ファイバーを引っ張ってきて室内に取り込みます。

2人の作業員の方が外に出て、ケーブルを家の外壁まで引っ張ってきて作業します。

雨の中の作業

この時、外壁に光ケーブルの固定パーツを取り付けるために小さな穴を開ける必要があります。

でも、ビス穴は小さく、防水処理もしてくれるので全く気になりませんでした。

もし賃貸物件や、穴を開けるのに抵抗がある人は作業される方に相談してみてください。

宅内配線工事

外での作業が終わるとすぐ室内での作業が始まりました。

ここまでで20分くらいでしょうか。

外と中に分かれての作業は、外まで引っ張ってきた光ファイバーを室内まで引き込む作業です。

室内に引き込むための穴は

  • エアコンダクト
  • 電話線などの既設の穴
  • 新規で開ける

などあるようですが、今回はこれまでのビッグローブ光で使っていた穴を使いました。

壁の中にガイドパイプが電話線用に通してあったので、スムーズに室内まで光ファイバーを通すことが出来ました。

フレッツ光からauひかりへ乗り換える場合にも、既存のフレッツ光で使用している穴が使えるので、新たに穴をあける必要はないはずです。

そして、その光ファイバーの先に「光コンセント」を取り付けて、ONUに接続します。

ONUとは?

ONUとは光信号をパソコンなどで使えるようにデジタル信号に変換し、またデジタル信号を高速で通信できる光信号に変換する仕事をしている「光信号とデジタル信号の変換器」です。

ONUとホームゲートウェイは2日前くらいに届いていました。

箱が2つ工事前日までには送られてくる

これをしっかり受け取っておかないと当日困るので確実に受け取っておきましょう。

あとは光コンセントとONUを繋ぎ、そこからホームゲートウェイに接続すれば完了です。

つなぐ順序は光コンセント→ONU→ホームゲートウェイ

これで、auひかりの開通工事は完了です。

全体で1時間もかからず、あっという間でした。

Wi-Fiの接続

Wi-Fiの設定方法も簡単です。

といっても、作業員の方が接続を確認するために一緒にやってくれたのですぐ出来ました。

右にあるQRコードをカメラで読み取るだけでも接続可能
  • パソコンやスマホのWi-Fi設定画面から開通した回線名を選ぶ
  • ホームゲートウェイ側面に書いてあるSSIDのパスワードを入力
  • Wi-Fiのマークを確認して接続テスト
  • 成功

基本は上記のやり方なのですが、実はスマホのカメラからでも簡単に接続できたのでご紹介します。

※僕の古いiPhone6sでも出来たので大体出来るはず…。

  • カメラを起動
  • ホームゲートウェイ側面のQRコードに合わせ、読み取る
  • 「(あなたの回線名)に接続」と出るのでタップ
  • 接続完了

SSIDなどの入力もなくこれだけで出来てしまいました。

こんな方法があるなんて知らなかった…。

是非試してみてください!

作業開始から開通まで1時間

作業員の方が来られて、作業を開始してから1時間足らずで開通しました。

その間、熱めのコーヒーを入れてリビングで飲みながら、作業の様子を観察したり、テレビを少し見たりしていました。

子供たちは作業の様子が気になったみたいで、作業員の方にあれこれ質問したりジーッと見つめたり。。

こんなにも簡単に開通させることが出来るなら、もっと早く乗り換えれば良かったとも思いました。

工事が面倒くさそうだなーと思っていた工事も、たった1時間で開通して、これまでよりも断然快適なネットが手に入るのですから、思い切って乗り換えるのをオススメします。

速度と価格の安さで選ぶなら断然
「auひかり」

【auひかり】最速8分で申し込み完了!

今ならキャッシュバック最大76,000円!

auひかりの工事費41,250円は実質無料になる

auひかりの工事のお値段は41,250円(戸建て)となかなかに高額です。

この工事費を一括もしくは23回・35回の分割で払っていくことになります。

しかし、auひかりと一緒に「ひかり電話」にも加入することで、毎月の支払い額から工事費相当額の割引がされて実質的に無料になります

これは「初期費用相当額割引」というキャンペーンです。

auひかりの初期工事費と分割回数

  戸建て
工事費総額 41,250円
分割での割引き額 初回:1,194.6円
<ネット:-644.6+電話:-550円>
2回目以降:1,178.1円×34回
<ネット:-628.1+電話:-550円>

工事費を全額割り引いてもらうには「ひかり電話」に加入しなければなりません。

しかし「ひかり電話」はauスマートバリューの条件にもなっているので、多くの人は加入を選びます。

僕も固定電話は使わないのですが、スマホ割のauスマートバリューを適用させるため、「ひかり電話」には加入しています。

ひかり電話に加入したからといって電話機をわざわざ置く必要もないですし、毎月の料金550円は割り引かれているので、実際に固定電話で通話しなければ料金はかかりません。

もし、auひかりのネットだけの契約の場合は、ネットからの割引にしかならず、工事費41,250円のうち、22,000円の割引きにしかならないのでご注意ください。

その際、残りの19,250円は我々の負担になってしまいます。

【初期費用相当額割引】契約による割引きの違い

ネット+ひかり電話 41,250円全額割引
初回:1,194.6円
<ネット:-644.6+電話:-550円>
2回目以降:1,178.1円×34回
<ネット:-628.1+電話:-550円>
工事費は実質無料
ネットのみ 割引きは、22,000円だけ
初回 :644.6円割引
2回目以降:628.1円×34回
残金19,250円は自己負担

ちなみにマンションタイプの場合は、ネットだけの契約でも工事費は全額割引きされます。

「ひかり電話」への加入は必須ではありませんが、料金550円を上回る割引きが受けられ、NNコミュニケーションズでもらえるキャッシュバック金額も増量するので、ここは加入するのがおすすめです。

工事費が実質無料に!
「auひかり」

【auひかり】もっと詳しく見てみる

フレッツ光の違約金もauひかりが還元してくれる

光回線の乗り換えを考えるときに気になるのが「解約違約金」です。

フレッツ光の場合、タイミングによっては、違約金が発生する場合があります。

しかし、auひかりでは解約で発生した違約金を還元してくれる「乗りかえスタートサポート」というキャンペーンを実施しています。

NNコミュニケーションズ公式サイトより

この「乗換スタートサポート」を適用すれば、他社のインターネット回線からauひかりに乗り換える際に掛かった解約金などを、最大30,000円まで還元してもらえます。

そして、対象となる費用は工事費の残債など、違約金以外の解約時に掛かるほぼ全ての費用負担をカバーしてくれます。

還元対象となる費用

  • 解約違約金
  • 工事費の残債
  • 回線撤去費用
  • 番号ポータビリティ手数料
  • NTT加入権電話のアナログ戻し費用

さらに、この「乗換スタートサポート」を適用すると、これらの解約にかかる費用を30,000円まで負担してくれ、実際に少額でも適用した場合は上乗せキャッシュバックとしてホームタイプなら25,000円、マンションタイプでも15,000円がそのまま受け取れます。

フレッツ光の解約違約金

フレッツ光の違約金を表にしてみました。

【NTTの契約解除料】

契約プラン名 契約解除料
にねん割(NTT東日本) 戸建て:10,450円
マンション:1,650円
光はじめ割(NTT西日本) 戸建て:11,000円
マンション:7,700円

また、プロバイダでも契約期間中の解約では契約解除料が発生します。

【プロバイダの契約解除料】

プロバイダ 契約解除料
Yahoo!BB 5,250円
BIGLOBE 5,000円
@nifty 3,300円
OCN OCN ファミリー
1,100円
OCN マンション
650円
AsahiNet 2,200円

※Yahoo!BB参考URL: http://hikari-bb.com/flets-yahoo/faq-penalty.html
※BIGLOBE参考URL: http://join.biglobe.ne.jp/ftth/flets/east.html
※OCN参考URL: http://www.ntt.com/personal/signup/internet/hikari/ninenwari.html

この違約金も「乗換スタートサポート」を適用すれば0円になります。

乗換スタートサポートの例
戸建てのにねん割(NTT東日本)にYahoo!BBのプロバイダで加入していたが、auひかりホームタイプに乗り換えた場合

NTT契約解除料10,450円+Yahoo!BB契約解除料5,250円+工事費の残債6,250円=21,950円

解約にかかる費用は21,950円となりますが、これを全額負担してもらえ、さらに上乗せキャッシュバックとしてホームタイプの25,000円が貰えます。

この乗換スタートサポートを使えば、フレッツ光からauひかりへの乗り換えにかかる違約金などの費用は0円、さらに最大25,000円が貰えるので、乗り換えにかかる費用の心配はありません

乗り換えにかかる費用が不安だった人も、安心して乗り換えができますね。

速度と価格の安さで選ぶなら断然
「auひかり」

【auひかり】最速8分で申し込み完了!

auひかりに乗り換えて感じる「幸せ」

たった1時間の工事で開通するauひかり。

ここでは僕が実感する「幸せ」のポイントをご紹介します。

auひかりの幸せポイント

  • 月額料金が安くなる
  • 回線速度が圧倒的に速い
  • auスマートバリューでスマホもおトクになる

月額料金が安くなって幸せ

フレッツ光からauひかりに乗り換えると、プロバイダ料金もauひかりに一本化されるので、毎月の料金はかなり安くなります。

フレッツ光ではプロバイダ利用料(月額550円〜1,320円程度)がかかる分、どうしても月額料金は7,000〜9,000円と割高になります。

一方、auひかりではプロバイダ料金も合わせて5,610円(1年目)、3年目には5,390円になります。

料金が節約できる

つまり、月々の支払いが2,000〜3,000円安くなり、年間では24,000〜36,000円も節約できます。

これは、家計にとってもかなり幸せではないでしょうか?

【auひかりとフレッツ光】月額支払額

月額支払額 auひかり フレッツ光
戸建て 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
5,940円+プロバイダ利用料
マンション 4,455円 3,355円〜4,455円+プロバイダ利用料

※auひかり:戸建てずっとギガ得プラン、マンション ギガプラン

auひかりの料金は2年目、3年目と、さらに安くなります。

3年目には5,390円と光回線業界でも最安値クラスの値段にまでなります。

さて、浮いたこのお金、あなたなら何に使いますか?

何に使っても自由ですよ。

毎月の支払いが断然安くなるauひかり、やっぱり安いっていうのは幸せです。

速度と価格の安さで選ぶなら断然
「auひかり」

【auひかり】最速8分で申し込み完了!

回線速度が圧倒的に速くなって幸せ

フレッツ光とauひかりのネットの回線速度を比べると、断然auひかりのほうが速くなります。

データ出典 ”みんなのネット回線速度:直近3ヶ月に計測された291918件の光回線の測定結果”

ここでは、僕の体験を元に、どれほど速くなるのか見てもらいたいと思います。

正直、ここまで違うのかとビックリして幸せです。

以前の回線はビッグローブ光を使っていました。

速度にはそんなに不満はなかったのですが、実際にauひかりのスピードを体感するとその速さに驚きました。

ビッグローブ光でも、下りの速度100Mbpsは出ていたので特に困ることは無いと思っていました。

5倍以上の違いです。

仕事で送られてきた1.5GBくらいの大きめのファイルは、20〜30秒でダウンロード完了しました。

これまで、3〜5分はかかっていたので圧倒的に効率アップです。

ちょっと重めのサイトを検索するのでも、一瞬でサイト表示してくれます。

無駄な待ち時間がなくなるっていうのは、かなり快適です。

家族が使うスマホでも調べてみました。

家族の携帯でもこんなに違った

僕だけでなく、家族全員がスムーズなネット環境で快適に生活出来るようになり喜んでいます。

同じ光回線でもここまで違うなら、違約金を少し払っても、もっと早く乗り換えればよかったかもしれません。

もし乗り換えるかどうかお悩みでも、auひかりならその「悩んだ時間」は取り戻せますよ。

時間は有限です。

この違い、次はあなたが体感してみてください。

フレッツ光と比べると、かなりの違いを実感できるはずです。

速度と価格の安さで選ぶなら断然
「auひかり」

【auひかり】最速8分で申し込み完了!

auスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用されて幸せ

光回線は使っているスマホ・携帯のキャリアに合わせて選ぶと、スマホの料金からも割引されておトクになります。

スマホ割

僕の場合は、家族も含めてauのスマホを利用しているので、「auスマートバリュー」が適用されて毎月のスマホ料金から1台につき1,100円引かれます。

僕と妻のスマホ代から、ほったらかしでも毎月2,200円割り引かれるなんて、幸せです。

仮に4人がauスマホを使っているご家族なら月々4,400円がスマホの料金から割引され、かなりの節約になりますね。

他のキャリアでも同じような割引をやっています。

例えばソフトバンクユーザーの人なら、ソフトバンク光やNURO光を選ぶことで、スマホの料金からも割引されます。

これから長く使うことになる光回線なので、毎月のコストも考えてauユーザーの僕はauひかりを選びました。

auひかりはNNコミュニケーションズから申し込めば絶対に損しない

auひかりを申し込むと、かなり高額のキャッシュバックが受け取れます。

これはauひかりを提供しているKDDIが大きな会社ということに加え、auひかりを扱う代理店も、かなり力を入れているということです。

そのためauひかりの申し込み窓口は数多く存在します。

auひかりが申し込める窓口

  • KDDI公式窓口(公式サイト、auショップ)
  • 提携プロバイダの公式窓口(WEB受付)
  • 代理店窓口(WEB受付、量販店、訪問販売、電話営業)

どこの窓口から申し込んでも、速度や品質には大きな違いはありません。

しかし、どの窓口を選ぶかによっては、受け取れるキャッシュバックや特典に大きな差が出てきます。

そこで、auひかりを最もお得に申し込める窓口として、僕がオススメしたいのは「優良代理店」経由でのWeb申込みです。

66,000円キャッシュバック!

  • オプション条件一切なし
  • もらい忘れもナシ
  • ¥0!工事費実質無料

連続表彰代理店 NNコミュニケーションズ

【auひかり】最速8分で申し込み完了!

なぜなら、公式窓口や提携プロバイダにくらべて知名度が低い代理店は魅力的なキャンペーンを行うことで集客しているからです。

実店舗を持たないWeb代理店ならば、人件費を抑え、その分キャッシュバックや特典に費用を回すことが出来ます。

なので、同じauひかりを申し込むのならWeb代理店から申し込むのが一番お得になるのです。

Web代理店がお得

僕がおすすめする「NNコミュニケーションズ」は数多くのauひかりの代理店の中でも、特に優良といわれる代理店です。

僕自身、今回のauひかりへの乗り換えを含め2回のお世話になりましたが、全く心配なく乗り換えが出来、キャッシュバックもかなりの高額が振り込まれました。

なので、安心して「NNコミュニケーションズ」をオススメします。

2022年最新情報

NNコミュニケーションズのキャッシュバック額が過去最高の52,000円66,000円となっています。
ネットのみでも60,000円
(締切間近!)

\\現金66,000円キャッシュバック//

auひかりならNNコミュニケーションズ

特設サイトから申し込めば現金76,000円キャッシュバック

auひかりはどこから申し込んでも品質や料金は変わりません。

だったらキャッシュバック額が高いところから申し込みたいですよね。

でも、中には悪徳代理店もあり、キャッシュバックが貰えない、余計なオプションを付けられる、といったこともあるので、単純にキャッシュバックが高いじゃん!と決めるのは危険です。

その点、NNコミュニケーションズではそういったことは一切ありません。

66,000円キャッシュバック!

  • オプション条件一切なし
  • もらい忘れもナシ
  • ¥0!工事費実質無料

連続表彰代理店 NNコミュニケーションズ

【auひかり】最速8分で申し込み完了!

このボタンをタップして必要なことを入力すれば、すぐ(僕の場合は翌日)NNコミュニケーションズから電話があり、キャッシュバック額を確認、振込口座をこちらから指定すれば最短で翌月末には振り込まれます。

また、今ならプロバイダをSo-netにすると、So-netからのキャッシュバックが10,000円上乗せされ、合計76,000円のキャッシュバックが貰えます。

So-net10,000円

プロバイダから発行されるメールアドレスをメインで使っている、とかプロバイダが提供するサービスを良く使っているという場合はそのプロバイダを選びたいですが、プロバイダに特にこだわりがなければ、断然So-netにするのがオススメです。

So-netからのキャッシュバックの振り込みは利用開始から4ヶ月後の15日から45日間。
So-net会員アプリからのお知らせやメールなどを見逃さないようにしましょう!

実際のNNコミュニケーションズの申し込み内容

NNコミュニケーションズの申し込みはとても簡単です。

慎重派の僕でも、すぐに終わりました。

こちらが実際の申し込みフォームになります。

※個人情報は塗りつぶしてあります。

氏名・アドレス・電話番号を入力
auひかりの設置住所・折返しの希望時間帯を入力
確認して送信
完了まで8分!

あっという間に終わりました。

僕は備考の欄にオペレーターの人にお伝えしたいことを記入しておいたので、この後かかってくる電話でもスムーズに対応してもらえました。

確認の電話で口座を伝えるので安心感が違う

申し込みフォームを送信した次の日には、オペレーターの方からお電話がきました。

電話に出れる都合のいい時間帯を午前中にしておいたら、きちんと午前中に電話が来ました。

話す内容は、送信した情報の確認とこれからの流れが主でしたが、プロバイダをSo-netにすれば、キャッシュバックが上乗せされるカラクリ?や、メリット・デメリットも一応、聞いておきました。

プロバイダをSo-netにすると10,000円の上乗せ

結果、プロバイダにこだわりがなく、プロバイダのメールは使っていない僕にとってのデメリットは、何もありませんでした。

なのでここは当然、10,000円上乗せされるSo-netを迷わず選びました。

最後にキャッシュバックを振り込んで欲しい口座をお伝えして、振り込み予定日を確認して終わりです。

NNコミュニケーションズなら、「申し込みがサイトからだと、進捗状況やきちんと伝わっているか不安」という人も、大事なところをちゃんと口頭で伝えることが出来て安心できます。

僕も2回目のNNコミュニケーションズからの契約でしたが、なんの問題もありませんでした。

むしろ今、過去最高にキャッシュバックが増額中なので、このチャンスを逃すのはもったいないですよ。

\\過去最高のキャッシュバック額を確かめてみる!//

auひかりならNNコミュニケーションズ

【要確認】フレッツ光からauひかりに乗り換えるときの注意点

秘密

フレッツ光からauひかりに乗り換える際に、いくつか注意点がありますので、それもご紹介したいと思います。

乗り換える際の注意点

  • auひかりが開通してからフレッツ光を解約する
  • auひかりのマンションプランは建物によって異なる
  • 提供エリアはフレッツ光よりもauひかりのほうが狭い

auひかりが開通してからフレッツ光を解約すること

フレッツ光を解約するのはauひかりが無事開通してからにしましょう。

なぜなら、先にフレッツ光を解約してしまうと、万が一auひかりの工事が遅れた場合に、インターネットが使えない空白期間が出てきてしまうからです。

これはかなり困りますね。

また、先にご紹介したauひかりの「乗換スタートサポート」の適用条件の中に

auひかりご加入より1カ月以上前に他社サービスを解約済みの場合は対象外です。

と明記してあります。

つまり、先にフレッツ光を解約してしまうと、auひかりの加入(工事完了)までに1ヶ月以上時間がかかってしまった場合、乗りかえスタートサポートが適用できなくなってしまう恐れがある、ということになります。

こういった可能性を極力無くすためにも、auひかりが開通してからフレッツ光を解約するようにしましょう。

フレッツ光の解約先

■電話番号引継ぎがある場合の連絡先

<東日本エリア>

NTT:0120-116-116(9:00~17:00/年中無休(年末年始を除く))

<西日本エリア>

NTT西日本:0800-200-5590(9:30~17:00 平日のみ受付)

■電話番号引継ぎがない場合の連絡先

<全国>

NTT:0120-116-116(9:00~17:00/年中無休(年末年始を除く))

■NTTフレッツ光解約連絡時の申告事項
  1. NTTフレッツ光の解約日を伝える(NTTフレッツ光の解約日はauひかりの工事日と同日が理想)
  2. 「auひかりへの切替のためNTTフレッツ光の光ファイバーの撤去は不要」と伝えておく
  3. 連絡先電話番号を伝える

auひかりのマンションプランは建物によって異なる

auひかりのマンションタイプには、いくつかの種類があり、建物によって導入されているタイプが違います。

マンションプランの種類

  • タイプG
  • タイプV
  • 都市機構
  • 都市機構G
  • タイプE
  • タイプF
  • ギガ
  • ミニギガ

プランによって通信速度や月額料金が異なるので、乗り換え前に確認をしておきましょう。

自分の住んでいるマンションが、どのプランに当てはまるのかが確認できるauひかりの公式サイトはこちらです。
auひかり公式サイト

マンションでも速度と価格の安さで選ぶなら
「auひかり」

【auひかり】最速8分で申し込み完了!

提供エリアはフレッツ光よりもauひかりのほうが狭い

どちらも全国的に普及している光回線ですが、フレッツ光に比べると、auひかりの提供エリアは狭くなっています。

そのため住んでいる地域によっては、auひかりのエリア外ということもあります。

auひかりエリア
マンションタイプは全国に展開済み

住んでいる地域がauひかりのエリアかどうかもチェックしておきましょう。

NTTフレッツ光からauひかりへの乗り換え工事のまとめ

check

インターネット、特に光回線がインフラと言われるまで普及した今、フレッツ光を使い続けるメリットは、料金・速度において、ほぼ無いと言って良いと思います。

そのため、より速く・より安い光回線へ乗り換えることになるのですが、その時にハードルとなるのが開通工事です。

この記事では、auひかりの開通工事の内容・費用を紹介しました。

「auひかりの工事、恐るるに足らず」といったところでしょうか。

まとめ

  • auひかりの開通工事は1時間ほどで終わる簡単な作業
  • 工事費はキャンペーンで実質無料
  • フレッツ光よりも月額料金が、かなり安くなる
  • フレッツ光よりも圧倒的に速い
  • auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズが特にオススメ!
  • 現金での高額キャッシュバックはかなり幸せ
  • フレッツ光の違約金も乗換スタートサポートで心配なし

フレッツ光からauひかりに乗り換えることで、大げさではなく、経済的・時間的にもゆとりが持てるようになります。

そのゆとりを、今度は自分のために使っていきましょう。

楽しいインターネットライフを過ごしましょうね!

\\現金66,000円キャッシュバック//

auひかりならNNコミュニケーションズ

「5年間でこんなに差が出るの?」

思わず声が出そうになる、光回線を5年間使った場合の実質月額料金をランキングで紹介しています。

こちらもCHECK

top_sum
光回線おすすめ5年最安ランキング!今、コスパ最高のサービスは?

どこの光回線を選べば良いか分からないなら是非。安さと品質を兼ね備える優れた回線をランキング、5年使うための光回線を厳選!

続きを見る

-乗り換え